空飛ぶキャットは旅に出る

「散歩しながらSFC修行」をリニューアルしました。飛行機好きが高じて2016年7月にSFCを取得し、その後も各地をふらふらゆらゆら歩いています。

特典航空券で行く宮崎旅行②

おはようございます。

宮崎旅行は朝を迎えました。

楽しかったこと、おいしかったことを書き連ねます。

 

ANAホリデイインリゾートホテルで遊ぶ

元気の源は朝食から始まります。

この朝食のポイントは小さなパンケーキにホリデイインのロゴが烙印されていること!

ミニサイズが食べやすくて気に入りました。

朝食はブッフェ形式でファミリー層が多めでした。

また、目の前が海なのでサーファーの方の宿泊も多く、隣の席に座った女性客も波のお話をしているようでした。

 

f:id:airline-sanpo:20170809194025j:image

f:id:airline-sanpo:20170811205820j:image

 

さて、レイトチェックアウト(14:00)が適用されたので朝食後に少し休んだあとはお外で元気に遊びましょう!

予定に組み込んでおいたのは……

 

f:id:airline-sanpo:20170809194048j:image

 

フライングディスク!!

家から持ってきました。

ほーれ、いくぞおぉぉぉ~!

わんわん!!

 

f:id:airline-sanpo:20170809194205j:image

広々とした敷地で思う存分投げてキャッチして、走り回りました。

晴天の中これだけ動けば当然汗もかきますよね。

でも大丈夫です、なんといってもこのホテルには温泉の大浴場があるのですから!

この温泉、びっくりするくらいぬるぬるしているのです!

ボディソープが洗い流せてなかったかなぁ~と思ってたら温泉成分だったなんて。

おまけに展望風呂になっているので気分がいいですよ。

 

展望温泉大浴場 | ANA ホリデイ・イン リゾート 宮崎

 

ドライブッブー♪

さて、ゆっくりホテルをチェックアウトをしたらドライブします。

目的地は【道の駅フェニックス】です。

物産品やレストランもあり、海沿いにあることから眺めも最高です。

ここでは日向夏ソフトクリームを食べました。

道の駅フェニックス オフィシャルサイト

 

f:id:airline-sanpo:20170809194241j:image

 

 

ミスター釜揚げうどん

空港に向かう途中、おなかがすいたのでうどん屋さんに寄ったのですが、これがすごーくおいしかった!!

 

【釜あげうどん  重乃井】

f:id:airline-sanpo:20170809194325j:image

f:id:airline-sanpo:20170809194349j:image

注文を受けてから茹でるので多少時間はかかりますが、いやいや、待つ甲斐ありますよ。

壁には一面にお店に訪れた有名人の写真があるのですが、中でもミスター巨人・長嶋茂雄終身名誉監督が目立ちます!

ミスターが若かりし頃から通っていたのですね。

宮崎県は野球チームのキャンプ地でもありますから、キャンプシーズンには選手に会えるかもしれませんね。

 

宮崎空港で遊ぶ

そうこう楽しんでいる間に、帰りの飛行機の時間が近づいてきてしまいました。

飛行機が大好きなわたしとしては、空港の展望台に行かないわけにはいきません。

 

f:id:airline-sanpo:20170811204644j:image

f:id:airline-sanpo:20170811204708j:image

 

んん???

「飛行機のある展望公園」ですって???

どれどれ……あっ!!

 

f:id:airline-sanpo:20170811204839j:image

 

あーーー!!

飛行機だぁぁぁ!!

 

本当はお子様優先なのですが、空いていたので係りの方が入れてくれましたぁ♡

 

f:id:airline-sanpo:20170811204911j:image

 

きゃーーー!

コックピットにも入れるーーー!!

 

f:id:airline-sanpo:20170811204937j:image

 

触れるぅ!!

ハァハァ(*´Д`*)♡

ハァハ……あ、暑い!!

ハァハァの原因は飛行機萌えだけではなく、炎天下の室内のせいでもありました。

まさに蒸し風呂状態……!!

あまり大人が陣取るわけには行かないので、ハァハァタイムはおしまいにして機内から降りました。

 

宮崎の「てげうま」なもの

芋焼酎

旅の途中でスーパーに寄った際、ギョッとしたのがいも焼酎コーナー。

見てください、ズラッと!

 

f:id:airline-sanpo:20170811205030j:image

 

ズラズラッと……!!

 

f:id:airline-sanpo:20170811205054j:image

 

酒造も多くあるだけあって、圧巻の品揃えです。

 

ルマンドアイス

お次は九州地方限定の飲食物のご紹介。

ブルボンのルマンドがアイスになりました。

その名も【ルマンドアイス】!そのまま!

2017年7月31日から九州全域で販売が開始されています。

(2017年8月現在、新潟県および北陸地域、甲信地域、九州地域で食べられます)

 

f:id:airline-sanpo:20170811205155j:image

 限定いろはすとヨーグルッペ

九州地方限定の【いろはす あまおう味】と【ヨーグルッペ】です。

ヨーグルッペは宮崎県都城市に本社を構える南日本酪農協同株式会社の製品です。

なんていうかな、薄めの飲むヨーグルト!

さっぱりしていて飲みやすかったです。

 

f:id:airline-sanpo:20170811205221j:image

トップ - 「ヨーグルッペ」 デーリィ南日本酪農協同株式会社

 

なんじゃこら大福

宮崎県のお菓子屋さん【お菓子の日高】にも寄りました。

 

f:id:airline-sanpo:20170811205945j:image

 

こちらの名物おかしは【なんじゃこら大福】です。

(柚子ポテトは日高さんの商品ではありません)

 

f:id:airline-sanpo:20170811205249j:image

f:id:airline-sanpo:20170816194345j:plain

※画像はオフィシャルサイトのものです

 

大福の中に苺、栗、クリームチーズ、餡子が入っている、まさに「なんじゃこら!」な一品です。

大きな口でがぶっと食べましょう!

 

また、大福を買った際におまけでいただいた「白い日向夏」というムース状のお菓子。

これがさっぱりしていて夏にぴったりなのです。

ホテルで食べてみてそのおいしさに開眼してしまい、再度お店に寄った際にさかなくんが大量に買い占めていました。

f:id:airline-sanpo:20170811210448j:plain

 

宮崎マンゴーを食べ比べ

絶対にお土産に買って帰ろう!と意気込んでいたマンゴー。

中でもブランドマンゴーの【太陽のタマゴ】と、怪しげな小屋で買った【完熟マンゴー】を買って帰りました。

太陽のタマゴはひとつ3800円!

さすがブランド品……。

こんな高いフルーツ、買ったことないよぉ。

完熟マンゴーは3000円だったかな……?

それぞれずっしりと重くて大きなものを選びました。

 

f:id:airline-sanpo:20170811205310j:image

f:id:airline-sanpo:20170811205336j:image

 

う………うまいいぃぃ!!

初日に乗ったタクシーの運転手さんから「マンゴーなら一度や二度くらい糖度が違っても、どっちでも甘さに変わりはないよ」と言われましたが!!

違う!!

絶対に【太陽のタマゴ】の方が甘くて、濃くて、色もオレンジで!!

違うんだよーーー!!!

いや、太陽のタマゴを知らなければ完熟マンゴーだって十分おいしいですよ。

だけど!!

やっぱり違います、【太陽のタマゴ】は。

その証拠に、切った時の写真を撮り忘れてふたりでウマスウマスと貪り食ってしまいました。

値段は張りますが買って後悔はしませんでした。

 

まとめ と 帰りのフライトの緊急事態

天候にも恵まれ、アウトドアも宮崎グルメも存分に楽しめた宮崎旅行でした。

宮崎に行くことが決まった当初、ガイドブックを買おうと思いましたが、なかなかこれというものがありません。

有名どころの「るるぶ」や「まっぷる」に至っては、九州地方のうちの4~5ページ程しか載っておらず、結局ガイドブックには頼らずに ネットでの情報収集となりました。

宮崎県って何もないのかな、と思ってしまいましたが、ご覧の通り、すごく楽しかったのは言うまでもありません。

宮崎のマンゴーは毎年お取り寄せしたい一品です。

 

話は変わって、帰りのフライトでのアクシデントを。

宮崎ー羽田間を順調に飛行し、無事に羽田空港に到着したかにみえました。

しかし降機のアナウンスが始まらず、なんだろう?と思っていると、後部座席に急病人がいたそうです。

こういう事態に遭遇したのは初めてでした。

「着いた!帰れる!」と思ったそばから機内に缶詰め状態になったため、時間が長く感じました。

するとしびれを切らした男性が声を荒げました。

「段取り悪いんじゃないのぉ!前の席から早く降ろせばいいじゃない!いつまで待たせるんだ!」

男性の気持ちもわかります。

もしかしたら乗り継ぎがあるかもしれないし、重要な用が待ってるかもしれない。

本音を言うと、わたしも「まだかなー」とは思っていました。

 

しばらくすると前方右手のドアより救助隊が搭乗してきました。

のんきにも「おぉ、右のドアって開くんだ!」と感心しているもの束の間、顔を手で覆った方が担架(というかハンモックのようなもの)で運ばれていきました。

 

緊急事態が起きた時、狭い機内で優先すべきことは?

文句を言ってCAさんを困らせることではありません。

ここはひとつ、他人の緊急事態を自分のことだと思って機長やCAの指示に従いましょう。