空飛ぶキャットは旅に出る

「散歩しながらSFC修行」をリニューアルしました。飛行機好きが高じて2016年7月にSFCを取得し、その後も各地をふらふらゆらゆら歩いています。

4月 プレミアムクラスで鹿児島へ 2

 

airline-sanpo.hatenablog.com

 上記のつづきです。

 

ご褒美その3☆指宿温泉で砂蒸し風呂体験

幼い頃、家族と鹿児島を訪れた際に砂蒸し風呂に入りました。

砂が重かったことが印象的で、大人になったら大丈夫かなーと思い再挑戦。

 

  【スケジュール】

ホテル前

  | 路面電車

鹿児島中央駅

  | 電車 JR指宿枕崎線

山川駅

  | バス 鹿児島交通

ヘルシーランド「たまて箱温泉」&「砂湯里」

  | バス 鹿児島交通

山川駅

  | 空港連絡バス いわさきCo.

鹿児島空港

 

 

えっ、せっかくのご褒美旅行なのに一泊二日?

実はこの時、前後に出張が入っており……

 

金曜日  出張

土〜日曜日  鹿児島ご褒美旅行

月曜日  出張

 

こんなスケジュールでした(´・_・`)

会社の繁忙期は過ぎましたが新設部署の立ち上げに関わってしまったため、こんなことに。

つまり、繁忙期を乗り切ったというのは幻でしたー\(^o^)/

内勤業務のわたしがこんな変則的な生活をしたので「あれ?今日はどこで寝るんだっけ?」と混乱したのは言うまでもりません。

 

それでも旅行はしっかり楽しみましょう!

ホテルをチェックアウトし、短い区間ですが、駅までは路面電車に乗って行きました。

 

f:id:airline-sanpo:20160630195109j:plain

 

路面電車に乗るのは函館旅行以来経験がなく、新鮮でした。

自動車と並行に走る電車というのが不思議で、感覚的にはレールのついたバス、と言えばいいのでしょうか。

公共交通機関に乗るのも旅の醍醐味ですね。

 

f:id:airline-sanpo:20160630191749j:plain

鹿児島中央駅から電車に乗ります。

普段体験しないようなおもしろい体験ができました。

 

f:id:airline-sanpo:20160630195230j:plain

f:id:airline-sanpo:20160630195347j:plain

 

この列車、一部区間でとにかく揺れるのです。

でも、普通「電車に乗って揺れる」と言えば「横揺れ」ですよね?

「縦揺れ」なのですよ、この列車は。

はじめは本当にびっくりして置き石を踏んだか脱線したのかと思いました!

しかし周りの乗客は普通にしています。

隣の席に座るお姉さんにいたっては、海を見ながらたそがれています、縦揺れで。

このときボックスシートに座っていましたが、列車が揺れるたびに背もたれから頭がぴょこぴょこ飛び出すのでモグラ叩きを見ているようでした。

電車のサスペンションってどうなっているのでしょうね?

 

電車は海岸沿いを通り、やがて山川駅に到着しました。

ちなみに無人駅です。

 

f:id:airline-sanpo:20160630195601j:plain

 

駅には ぶじカエル(無事帰る)くんがいました。

旅行者にとって縁起がいいですね!

ここからは路線バスに乗車し、ヘルシーランド入り口で下車します。

 

f:id:airline-sanpo:20160630195929j:plain

 

なぜレンタカーでもないのに、不便なところにある温泉を選んだかと言うと……

 

f:id:airline-sanpo:20160629203655j:image

 

これ!!!

インフィニティ温泉!! これをホームページで見たからです!!

しかも砂蒸し風呂にも入れるのです!

 

f:id:airline-sanpo:20160630201207j:plain

 

まずは温泉施設「たまて箱」で絶景温泉&砂蒸し風呂のチケットを買います。

砂蒸し風呂の施設「砂湯里」は「たまて箱」から150m離れたところにあり、内湯もついていますがシャンプーの使用を禁止しています。

ですから、砂蒸し風呂「砂湯里」に行ってから絶景温泉「たまて箱」へ行くのがベターです。

 

砂蒸し風呂の施設に行くには、噴き出す温泉を通り、急な階段を下って行きます。

 

f:id:airline-sanpo:20160630201621j:plain

 

ぶしゃーーーー

 

f:id:airline-sanpo:20160630201752j:plain

 

なんと野ウサギがいました!

文字通り脱兎のごとく逃げられたので、写真を撮る隙もありませんでした。

天気は良くありませんが、開聞岳もばっちり見えます。

 

f:id:airline-sanpo:20160630204322j:plain

 

砂蒸し風呂に入るには、更衣室で浴衣に着替え、その格好まま砂場へ行きます。

(もちろん浴衣の下はすっぽんぽんですよ、砂蒸し「風呂」ですからね!)

小さなバケツを貸してくれるので、カメラや飲み物を持って行きましょう。

係の人が自分のカメラで写真を撮ってくれます。

頭にタオルを巻いて砂の上に仰向けで横たわると、バッサバッサと砂がかけられます。

日常生活で砂に埋められることはあまりないので、けっこう怖かったです。

 f:id:airline-sanpo:20160630203538j:image

 

重いです!

子供だから重く感じたのではなくて、大人になっても重いです!!

そして暑いです!

10分を目安に入りますが、空いているときは少し長居しても大丈夫のようです。

しかし、お腹側はじんわり温かくても背中側は地熱がおしりと足に直撃し熱いのなんのって!!

火傷が怖いので10分ちょっとで退散しました。

おしりとふくらはぎが真っ赤になっていました 涙

 砂を落として、内湯に入ります。

かなり年季の入ったお風呂です。

 (タイミングよく貸切でした)

 

f:id:airline-sanpo:20160630204659j:plain

 

砂蒸し風呂「砂湯里」には地熱を利用した蒸し野菜や卵があります。

1個50円。

変な表現ですが、卵が香ばしかったです。

 

f:id:airline-sanpo:20160630204814j:plain

f:id:airline-sanpo:20160630204915j:plain

 (ものすごい逆光!!)

 

 続いてもう一つのお楽しみ、絶景温泉に入ります。

また150m移動し「たまて箱温泉」へ。

 

f:id:airline-sanpo:20160630205410j:plain

 

この絶景温泉、偶数日と奇数日で男女の入れ替えがあります。

この日は偶数日だったので女性はこちらのお風呂です。

(HPより写真を拝借)

 

f:id:airline-sanpo:20160630180955j:image

 

売りにしている方のお風呂ではなかったけど、こちらも絶景です!

間近に山があり、海も見えます。

春の海風が心地よくて「来て良かった〜」と心から思いました。

わたしにとって、これが最高のリフレッシュです。

 

お風呂上がりの安納芋アイス。 

( 鹿児島県種子島産安納芋使用)

 

f:id:airline-sanpo:20160630205554j:plain

 

楽しい楽しい絶景温泉&砂蒸し風呂でした!!

もうすこーし続きます。