空飛ぶキャットは旅に出る

「散歩しながらSFC修行」をリニューアルしました。飛行機好きが高じて2016年7月にSFCを取得し、その後も各地をふらふらゆらゆら歩いています。

3月 マレーシア旅行1日目

【マレーシア旅行 3泊4日】

SFC修行というわけではなく、思い立って行ったマレーシア旅行です。
仕事の繁忙期の最中でしたが
 
「もっと楽しいことで忙しくなりたーいo(`ω´ )o そだ!旅行の計画立てちゃえ!」
 
という半ばノリで実行しました。
海外へのひとり旅は昨年の香港に続いて2回目。
なぜマレーシアかと言うと、モスクが見たかったからです。
香港旅行で寺院に行った時、他国の寺院の神聖な雰囲気に惹かれました。
トルコのモスクが見たかったけれど近隣諸国の情勢が気になったので、同じイスラム教のマレーシアへ。
あとは日数。
3連休+1日有給を取れば行ける国だったので。
そんなところです。
 
では行きまーす。
 
往路/羽田ー(ANA)ーシンガポールー(マレーシア航空)ーマレーシア
 
羽田空港の免税店ではお財布を購入♡
もうかなり使い古していたので、愛用していましたがここらで引退してもらいました。
GUCCIのお姉さんがとっても親切で優しくて、いい買い物したなー♡と出だしからウキウキ♫
母にも化粧品を買って、ちょっと早い母の日のプレゼントということにしました。
 
さてさて、いざ搭乗です!

f:id:airline-sanpo:20160615230712j:plain

 

機材はB787!やっほー!!
 

f:id:airline-sanpo:20160615230629j:plain

 

f:id:airline-sanpo:20160615230130j:plain

f:id:airline-sanpo:20160615230847j:plain

 

ボーディングブリッジから離れ数分経過。
機内誌をチラ見して、こなれた旅行者を装っていましたが、ふと気づいたことが。
 
さっきから滑走路へ向かっていない。
 
すると機内アナウンスが入りました。
 
「当機にブレーキの不具合が発見されました。駐機場に戻り、整備いたします」
 
んんんん・・・・・。
まぁ、飛ぶ前に気づいてよかったってことにします。
意外にも機内にざわつきは起きず「まぁ仕方ないよね」的な雰囲気でした。
そして駐機場に戻り、整備士さんたちが駆け寄ってきます。
10分、20分…。
だんだん不安になってきました。
 
シンガポールの乗り継ぎ、間に合うかなぁぁぁ 泣
 
結局不良箇所は直らなかったようなので、飛行機を降りることとなりました。
不安がMAXに達したので、とりあえずカウンターに行き、乗り継ぎについて聞くことにしました。
するとGS(地上係員)の女性から意外な言葉が。
 
GS1「え?乗り継ぎなんてわたし聞いてないし。GS2さん聞いてる?」
GS2「わたしも聞いてない。」
GS1「えー、もーどうしよー」
 
あ、もうこれダメだ。
と一瞬で判断し、とりあえずお礼を言って他のスタッフを探しました。
もうね、それが得策かと。
乗客の対応に当たっていたベテランっぽいスタッフさんに事情を説明したところ
 
「チケットを拝見させてください。はい、これでしたら大丈夫です。乗り継ぎの分も一括でご購入されているので、シンガポールに着きましたら係の者が ご案内いたします。万が一、代替機のお座席が取れなかった場合はホテルを手配いたします」
 
との回答が!
ふぁーーーよかったよぉ!!
こういうとき、ひとり旅って心細い 泣
 
ほっとしたので実家に電話すると
母「えっ、さっき乗ったはずじゃ…飛行機って電話できるんだっけ?」
と母を混乱させてしまいました 笑
 
そして約2時間半遅れで羽田空港を出発しました。
 

f:id:airline-sanpo:20160615230523j:plain

 
機内ではガイドブックを見たりして過ごしました。
エコノミー席での体感時間は長い…。
次回はビジネスにしよう!と誓ったのでした。
 
 
現地時間20時過ぎ、シンガポールに到着。
飛行機を降りると、「Ms.◯◯◯」と書かれたボードを持つ女性係員さんが待っていてくれました。
その方の笑顔がまたステキで…優しいお母さんと言った感じです。
なんと電動カートでカウンターまで運んでくれると言うので、初めて乗るカートにテンションUP!
遅れてもいいことあるじゃん♪ ふふふ
(このカートの動画をスマホに記録しましたが、スマホを洗濯してしまったためUPできません)
 
マレーシア航空のカウンターで代替チケットの手続きをし、今度は最終目的地のマレーシアへ向かいます。
飛行時間は約1時間。
マレーシア航空はスターアライアンスではないのでPPが付かないのが残念。
この頃は修行するつもりはなかったので、惜しいことをしましたね。
修行中だったらもっと貪欲にPPを考えてたのに 笑
 
なんとか目的地のマレーシアに到着。
時間にして22時過ぎ。
スーツケースがなかなか出てこなくてそわそわしましたが、無事に手元に戻ってきたので、あらかじめネットで購入しておいたエアポートエクスプレスのチケット(マスターカードで購入すると往復80MR)を使ってホテルのあるKLセントラル駅へ向かいました。
しかしこのホテルがわかりにくい!
駅から近いはずなのに迷う迷う!!
いや、わたしが方向音痴なのは認めますけどね。
とにかく歩いてる人を捕まえては「このホテルはどこにありますか?」とたずねて回りました。
気温・湿度ともに高く、スーツケースを引きながら歩けば、あっという間に汗だく。
不審な日本人に対して、マレーシアの人々は優しく道を教えてくれました。
道行く若者、仕事帰りのお姉さんお兄さん、警備員のおじさん、ありがとうございました。
 
結局、ホテルは駅直結のショッピングモール内を通って外に出た先にありました。
ショッピングモールが閉店していたので通れないと思いましたが、通り抜けだけならできたみたいです。
タクシー使わなくて良かった。
 
ホテルにチェックインをしたのは24時。
安ホテルでしたが、ひとりで寝るだけなら十分な設備と広さです。
(迷わなければ)駅から近いし。
水周りもキレイでしたが防音はイマイチで、毎朝どこからか聞こえてくる大きなくしゃみの声で目が覚めました 笑

f:id:airline-sanpo:20160615231621j:plain

 

ベッドの隅が破けてるけど気にしなーい!

 

f:id:airline-sanpo:20160615231843j:plain

f:id:airline-sanpo:20160615231928j:plain

f:id:airline-sanpo:20160615231702j:plain

f:id:airline-sanpo:20160615231749j:plain

 
初日はとんだハプニングに見舞われましたが、こういうのを乗り越えるのがけっこう楽しかったりします。
「いける!なんとかなる!!」
松岡修三並みに自分を励ませばなんとかなっちゃうものなんですよね。
 
とりあえずシャワーをあびて就寝。
観光編に続きます。