空飛ぶキャットは旅に出る

飛行機と旅が大好き!とにかく好き!

ドイツ旅行 ホリデイイン・エクスプレス フランクフルトシティ宿泊編

 

フランクフルトで泊まったホテルのご紹介です。

2日目・3日目はホリデイ・イン・エクスプレス フランクフルトシティに宿泊しました。

フランクフルト中央駅から徒歩5〜10分。

 

 

アクセスに文句はないものの、ホテルの周りはドイツ感皆無、アジア系のお店が多く、ちょっと暗い印象でした。

 

f:id:airline-sanpo:20181113200035j:image

 

他のお部屋にはなかったのに、わたし達の泊まった部屋のドアには会員の印が付いていました。

 

f:id:airline-sanpo:20181112211039j:image

 

疲れた時についつい飛び込みたくなる清潔感のあるベッド。

 

f:id:airline-sanpo:20181112210005j:image

 

ものすごくスペースが余りまくる、謎のお部屋でした 笑

 

f:id:airline-sanpo:20181112210210j:image
f:id:airline-sanpo:20181112210155j:image

 

ビューに期待はしていないものの、残念ビュー_| ̄|○

これでも中庭的な感じっぽかったです。

 

f:id:airline-sanpo:20181112210822j:image

 

ま、今回は寝られればOK基準でホテルを選びましたから、お部屋に清潔感さえあればいいんです。

 

インスタントコーヒーとセーフティボックスもあります。

このセーフティボックスに空の状態で鍵をかけてしまい開けられなくなってしまいました_| ̄|○

鳴り響くエラー音にビビりまくったのはいい思い出。

スリッパやバスローブはありませんので、持参したものを使いました。

 


f:id:airline-sanpo:20181112210131j:image

 

バスルームも問題なし…なんですけどっ!!!

ドイツ人の体格に合わせて作ったのか、洗面台やトイレの位置が高かった……!!

歯ブラシなどのアメニティはありません。


f:id:airline-sanpo:20181112210141j:image
f:id:airline-sanpo:20181112210046j:image

 

簡単な朝食がいただけます。

サクッと食べて出かけるにはちょうどいい。

 

▼ パン

 

f:id:airline-sanpo:20181112210540j:image

 

▼ 奥のパンケーキマシーンは2泊目に使いました♫


f:id:airline-sanpo:20181112210611j:image

 

▼ シリアル、ジャム


f:id:airline-sanpo:20181112210719j:image

 

▼ ハム、チーズ、ヨーグルト、フルーツ


f:id:airline-sanpo:20181112210627j:image

 

▼ ジュースとコーヒーマシーン


f:id:airline-sanpo:20181112210648j:image

 

この日も朝から観光します。

では、いただきまーす(^ ^)


f:id:airline-sanpo:20181112210701j:image

 

ドイツ旅行 マインツの聖シュテファン教会編

 

シャガールが手がけた、青のステンドグラス……って聞いたら見たいと思いませんか???

そう、このドイツ旅行で楽しみにしていたのが、聖シュテファン教会のステンドグラスです!

 

【聖シュテファン教会までのアクセス】

フランクフルト中央駅から電車で30〜40分のところに位置するマインツ中央駅下車後、徒歩15分で到着します。

 

今回はライン川クルーズ終了後、ザンクト・ゴアール駅からマインツまで向かいました。

 

f:id:airline-sanpo:20181014013317j:image

 

ザンクト・ゴアールで食事ができなかったので、マインツ駅のパン屋さんでトマト&モッツァレラのパンを購入。

むしゃむしゃ。


f:id:airline-sanpo:20181014013304j:image

 

腹ごしらえも済んだところで、マインツの街を歩きます。

朝はKDライン船着場まで脇目も振らず突っ走ったので、街を見る余裕もありませんでした。

 

素敵な住宅街を縫って行くと教会が見えてきました。

 

f:id:airline-sanpo:20181014013853j:image

 

高台にある教会。

外観はピンクベージュで派手さはありません。


f:id:airline-sanpo:20181014013823j:image
f:id:airline-sanpo:20181014013811j:image

 

ドキドキ。

ドアを開けて入ってみます……。


f:id:airline-sanpo:20181014013906j:image

 

ふぁぁぁぁ!!

 

f:id:airline-sanpo:20181014014424j:image
f:id:airline-sanpo:20181014014316j:image
f:id:airline-sanpo:20181014014520j:image

 

はぁぁ……うっとり。


f:id:airline-sanpo:20181014014349j:image
f:id:airline-sanpo:20181014014517j:image

 

青、青、青……!!

静まり返った教会はひんやりとした青色に染まっていました。

 

f:id:airline-sanpo:20181014014413j:image
f:id:airline-sanpo:20181014014437j:image

 

パイプオルガンにも反射して、神秘的……!!

「はぁ〜」

本当に素敵なものを見たときはため息しか出ないんですね……。


外に続くドアを開けると、回廊になっていました。


f:id:airline-sanpo:20181014014501j:image

 

手入れの行き届いた中庭も素敵。


f:id:airline-sanpo:20181014014515j:image
f:id:airline-sanpo:20181014014337j:image

 

いいもの見たわ〜。

ドイツに来て良かった〜。

名残惜しさを感じつつ、大満足で教会を後にしました。

 

午前中はどんより曇り空でしたが、紅葉が映える空に回復♡

 

f:id:airline-sanpo:20181014014403j:image

わたしの買ったガイドブックには載っていないマインツの街。

素敵な教会があることを知っていただけたら幸いです(^ ^)

 

そして、やっとフランクフルトに戻りました。

朝からバタバタで1日があっという間。

夜はドイツ料理を!と思いましたが、トルコ料理をいただきました 笑

これが意外にも美味しかった!笑

 

f:id:airline-sanpo:20181014014328j:image

 

では次回はフランクフルトで泊まったホテルの紹介をします!

 

ドイツ旅行 ラインフェルス城跡散策編

ザンクト・ゴアールの船着場から小さな街を抜け、高台にあるラインフェルス城跡へ行きました。

 

【ラインフェルス城へのアクセス】

KDライン ザンクト・ゴアール船着場、またはザンクト・ゴアール駅下車、中心部のカトリック教会からシャトルバスが30分毎に出ています。

片道€2。

(2018.10現在)

 

 

この日は日曜日。

レストランも門を閉ざし、街は静まり返っています。

 

f:id:airline-sanpo:20181105080031j:image

 

グーグルマップを見てみると、街から徒歩15分でラインフェルス城に行けるらしい。

ならば歩いちゃう???

と言うことで、お城目指して歩いてみました。

と言うか、調査不足でシャトルバスが出る教会を調べていませんでした(^^;)


f:id:airline-sanpo:20181105080048j:image

 

これが思ったよりキツイ!!

ずーーーっと坂道!!

 

 

ヒィヒィ言いながら、なんとか到着。

城壁が見えてきました!

この辺り、なんだか猫ション臭くてねこちゃんがいるのかと思いましたが、一匹も見つかりませんでした……。


f:id:airline-sanpo:20181105080059j:image

 

▼栄えていた頃のお城の図

13世紀に建築されましたが、17世紀にフランス軍の侵略を受け廃墟となりました。


f:id:airline-sanpo:20181105080116j:image

 

チケットブースに向かいます。

雰囲気あるなぁ……。

 

f:id:airline-sanpo:20181105080211j:image

 

マップをいただき、お城散策です!


f:id:airline-sanpo:20181105080231j:image

 

みっちり詰まった石の壁。

修繕なし?当時のままだったらスゴイ。


f:id:airline-sanpo:20181105080255j:image


f:id:airline-sanpo:20181105080318j:image

 

塔があったので入ってみました。


f:id:airline-sanpo:20181105080308j:image
f:id:airline-sanpo:20181105080225j:image

 

吹き抜けになってるのね〜。

採光があり明るいのですが、映画「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」の怖い場面を思い出してしまいました。

 

 

所々朽ち果てているけれど、ここまで残っているなんてすごいね〜。

当時は寒かっただろうなぁと思いを馳せつつ、場内を巡ります。

 

f:id:airline-sanpo:20181107204103j:image
f:id:airline-sanpo:20181107204010j:image

 

高台に登れました。

ライン川が一望できていい眺め!

下方の屋根はホテルです。

そう、古城ホテルとしてお泊りできるのです!

 

f:id:airline-sanpo:20181107204116j:image

 

城内も上から見えます。


f:id:airline-sanpo:20181107203932j:image

 

貯蔵庫だったかなぁ?

だだっ広い空間がありました。


f:id:airline-sanpo:20181107203942j:image

 

こうした小窓から敵の見張りをしたのかな。


f:id:airline-sanpo:20181107204038j:image

 

お城のお手洗いに入ったところ、流し方がわからない!!

キョロキョロしたところ、この棒を引っ張ることにより水が流れるようになっていました。


f:id:airline-sanpo:20181107204127j:image

 

洗面台の蛇口もポンプ式。

お城の住人になったみたい!


f:id:airline-sanpo:20181107203953j:image

 

ラインフェルス城を後にし、ザンクト・ゴアール駅からマインツ駅まで帰ります。


f:id:airline-sanpo:20181107204023j:image

 

電車を待っていると、車を積んだ貨物電車が轟音で駆け抜けていきました!


f:id:airline-sanpo:20181107204051j:image

 

外国の歴史的なお城を見学できました。

思ったよりこじんまりとしていて、観光客も少なく、静かに見て回れました。

古城ホテルに泊まり、ライトアップされたライン川を眺めるのもいいかもしれませんね(^ ^)

 

ではまた次回!

ドイツ旅行 ライン川クルーズで古城巡り編

おはようございます!

ドイツ2日目の朝です。

 

この日の前半の予定をざっとご説明。

チェックアウト後、空港へ移動  

・空港の荷物預かり所でスーツケースを預ける

・空港駅窓口でジャーマンレイルパスのバリデーションをする

・空港駅からマインツまで電車移動

・マインツからザンクト・ゴアールまでライン川クルーズしながらお城ハント

 

空港の荷物預かり所を利用する

 

空港に到着すると、荷物預かり所へ向かいました。

前日に場所をチェックしておいたので、迷うことなく着きました。

 

f:id:airline-sanpo:20181019185456j:image

 

場所は、ターミナル1 アライバルフロアのAとBの中間(連絡通路のような所)にあります。

上記マップのバッグのイラストの所です。

 

f:id:airline-sanpo:20181014011109j:image
f:id:airline-sanpo:20181014010922j:image

 

窓口で荷物の個数とおおよその預け時間を伝えると、「ベルトコンベアの上に倒して乗せて」と言われます。

 

f:id:airline-sanpo:20181016223409j:image

 

引換券をもらい、身軽になりました♫

料金は後払い制。

ちなみに、スーツケースを2個、10時間預けて20€くらいでした。

(マインツ駅のコインロッカーに預けても良かったのですが、大型ロッカーが空いてる保証はないので、安全策として空港の有人荷物預かり所にしました)

 

ジャーマンレイルパスのバリデーション、しかし……

 

ジャーマンレイルパスのバリデーションをする為に、Sバーンの窓口に向かったところ……。

 

暗い。

そして何やら張り紙が。

 

日曜日は休み……だと!!?

 

うそぉーーーん ∑(゚Д゚)

予めドイツ鉄道のホームページを見て営業時間も調べておいたのに……。

仮にも空港直結の駅、日曜日に到着した人はどうなるのー?

と、ぶつぶつ言いながら辺りをうろつきましたが、他に窓口は見当たらず。

乗りたい電車の時刻も迫る為、とりあえずマインツまでの片道切符を券売機で購入し、無事に定刻(8:29)の電車に乗れました!

※恐らくですが、Sバーンの窓口は休みでも、ICEなど高速鉄道の窓口は開いていたかもしれません

 

9:00頃マインツ駅に到着。

ここでジャーマンレイルパスのバリデーションをしておきます。

クルーズ終了後は電車で帰る予定ですが、利用する駅には窓口がないためここでバリデーションする必要があったのです。

窓口は構内の階段を登った所にありました!

あぁ〜会いたかったよぉ窓口!

DBマークが眩しいぜっ!


f:id:airline-sanpo:20181014011207j:image

f:id:airline-sanpo:20181019202114j:image

 

ジャーマンレイルパスは3枚構成です。

わたしが購入したのは5日間連続利用タイプ。

1枚目には利用日とサインを記入

2枚目は名前(わたしは日本で事前購入したので印字された状態でした)とパスポート番号を記入

3枚目は利用規則

となっています。

とりあえずまっさらな状態で駅員さんに渡し、書いていただいたのはパスポート番号のみ。

とにかくスタンプさえ押してもらえれば、あとは自分で書けばオッケーです。

よーし、これで電車は乗り放題(地下鉄を除く)だぁ!

 

旅のビビりポイント② 出港に間に合うか!?

 

ホッとしたのもつかの間、今度は9:30発の船に乗らなければなりません!

グーグルマップを開いて、マークしておいたチケット売り場まで急ぎます。

ちょっと早足で歩けば間に合う♫

間に合う……???

間に合わーーーーーん!!

 

走れえぇぇぇ!!


f:id:airline-sanpo:20181014011157j:image

 

ぜぇぜぇ…

チケットブースにギリギリで到着。

ブース内の朗らかそうな女性に

「ザンクト・ゴアールまで、片道切符で大人2人下さい!」

と伝えると

「ザンクト・ゴアール?それともザンクト・ゴアラスハウゼン?」

「ザンクト・ゴアールです」

似たような地名だからちゃんと確認してくれたんだな、親切だな(^ ^)

「あぁっ、ジャーマンレイルパスを持ってるから、割引になりますか?」

「オーケー!はい、おつりね♫」

「さんきゅー!あれ?チケットは?」

「あらやだ!ごめんなさいね!はいこれよ♫」

 

ニコニコしながら発券していただきました(^ ^)

そうそう、上記の会話の通り、ジャーマンレイルパスを持ってると、KDライン(船)の運賃が20%オフになります♫

ラッキー☆


f:id:airline-sanpo:20181014010949j:image

 

 

乗船!ライン川クルーズスタート!

 

チケットを買ったら、走って乗船!


f:id:airline-sanpo:20181014011254j:image

 

出発〜!

上流から下流へのクルーズがスタートです。

マインツ大聖堂とチケットブース(青で囲んだ所)が小さくなっていきます。

 

f:id:airline-sanpo:20181014012419j:image

 

コンテナ地帯を通ります。

本当にお城が出てくるのかしら。


f:id:airline-sanpo:20181014012415j:image

 

ダッシュして暑いので、とりあえずクルーズ船のデッキに出ました。


f:id:airline-sanpo:20181014011001j:image

 

デッキにはアヒルの遊具が!

もちろん乗りました 笑

 

マインツからリューデスハイムまではこれと言った見所はなく……。

始発のマインツから乗った方が、いい席が確保できるかな、と思ったので選んだ次第です。

 

だんだん体が冷えてきたので、船内に移動しました。

なかなか広い!


f:id:airline-sanpo:20181014011241j:image

 

コーヒーを注文。

水面を眺めながら飲むコーヒー、いい気分です♫

 

f:id:airline-sanpo:20181014010909j:image

 

どこかの船着場で人が減ったので、先頭の方へ移動し、今度はスイーツを注文。

期待はしていませんでしたが、なかなかどうしておいしかった!


f:id:airline-sanpo:20181014010851j:image

 

やがて見えてきたのが最初のお城。

リューデスハイムから続々とお城が登場します。

▼エーレンフェルス城

f:id:airline-sanpo:20181014011134j:image

 

▼ねずみ塔

ねずみ……?

航行管理の為の塔です。


f:id:airline-sanpo:20181014011232j:image

 

▼ラインシュタイン城


f:id:airline-sanpo:20181014011009j:image

 

▼ラインヒェンシュタイン城

ホテルと博物館になってるそうです。

 

f:id:airline-sanpo:20181019213154j:image

 

▼ソーネック城

この辺りから太陽が隠れてきた……


f:id:airline-sanpo:20181019213432j:image

 

可愛い街並みが見えました♡

 

f:id:airline-sanpo:20181019213829j:image

 

▼フェルステンベルク城

 

f:id:airline-sanpo:20181019213728j:image

 

▼シュターレック城

なんと現在ではユースホステルとして使われています!


f:id:airline-sanpo:20181014010932j:image

 

▼手前  プファルツ城

税関管理の施設だとか。

▼奥  グーテンフェルス城


f:id:airline-sanpo:20181019214836j:image

 

▼シェーンブルグ城

麓にはキャンピングカー乗り入れのキャンプ施設があります。

ドイツではこう言った施設をよく見ました。


f:id:airline-sanpo:20181019214619j:image

 

▼ローレライ岩

デッキに出てみました。

さ、寒いッ!!

ここに近づくと船内には音楽が流れます。


f:id:airline-sanpo:20181014011305j:image

 

▼ネコ城

ねこ!ねこ!!

日本人所有ですって!


f:id:airline-sanpo:20181014010858j:image

 

アップでもう1度ネコ城。

屋根がねこ耳に見えませんか?笑

 

f:id:airline-sanpo:20181014010940j:image

 

先頭からみた景色。

川幅が広い!

 

f:id:airline-sanpo:20181019220036j:image

 

そうこうしているうちに、3時間半の古城巡りクルーズが終わりました。

ザンクト・ゴアールに到着です!

 

f:id:airline-sanpo:20181020015350j:image

 

いやーそれにしてもお城がたくさんありましたねぇ!

お城は高台にあるので、さぞかしいい眺めでしょうね(^ ^)

現在ではホテルやレストランになっている所もあるので、利用するのもいいかも。

朝の猛ダッシュとは打って変わり、秋ののどかなクルーズに癒されました♡


f:id:airline-sanpo:20181014011033j:image

 

このKDラインはコブレンツまで向かいます。

わたし達はと言うと、このあと、廃墟となったラインフェルス城を見学しに行きます♫

お楽しみに(^ ^)

ドイツ旅行 ホリデイイン・フランクフルトエアポート宿泊編

宿泊したホテルの紹介です。

ドイツ・フランクフルト国際空港に到着し、予約したホテルに向かいます。

ホテルは空港にほど近い「ホリデイイン・フランクフルトエアポートホテル」です。

 

空港からホテルへのアクセス

空港からホテルまでは無料のシャトルバスが出ているので、アライバルフロアから外に出て、道路を挟んだ所にあるバス停に行きます。

バス停と言っても簡単な停留所があり、様々なホテルのシャトルバスが停まっています。

 

あった!

ホリデイインのロゴがついたバンが停車していました!

でもドライバーさんがいません……。

しばらく待っていると、ホリデイイン行きのお客さんが増えてきました。

ひょっこり現れたドライバーさん、乗車人数を確認すると

「あと5分したらバスが来るから、そっちに乗ってくれ!」

と言って去ってしまいました。

 

f:id:airline-sanpo:20181014004812j:image

 

本当にホテルまで行けるかなぁ……。

早くベッドで休みたいなぁ……。

と、そこへ他のエアポートホテルと共同運行のバスが停車しました!

ホリデイインのロゴだ!

これに乗ろう♫


f:id:airline-sanpo:20181014004751j:image

 

暗くて外の様子があまりわかりませんが、無事にホテルに到着、チェックインできました(^^)

 

f:id:airline-sanpo:20181015195334j:image

 

ロビーの様子

 

カラフルな色を効果的に取り入れて明るい印象でした。


f:id:airline-sanpo:20181014004822j:image
f:id:airline-sanpo:20181014004727j:image

 

エアポートホテルだけあって、飛行機のおもちゃが飾ってありました♫

かわいい♫

 

f:id:airline-sanpo:20181014004739j:image
f:id:airline-sanpo:20181014004841j:image
f:id:airline-sanpo:20181014004832j:image

 

ロビーフロアのトイレ、ドアや壁が可愛かった 笑

 

f:id:airline-sanpo:20181014005724j:image

 

お部屋の紹介

 

全フロア、新築のようなきれいさ。

よく調べずに予約したけど、本当に新築なのかな?

 

f:id:airline-sanpo:20181014011658j:image

 

お部屋も清潔感があって設備もいい!

いたるところにコンセントがあるのがいいですね(^ ^)

 

 f:id:airline-sanpo:20181014005306j:image
f:id:airline-sanpo:20181014005205j:image

f:id:airline-sanpo:20181014011621j:image


f:id:airline-sanpo:20181014004943j:image

 

水回りは重要!

ウォシュレットはないけど、清潔でよかった!


f:id:airline-sanpo:20181014004857j:image
f:id:airline-sanpo:20181014005257j:image

f:id:airline-sanpo:20181014011748j:image

 

アメニティ類はありません。

歯ブラシ、スリッパ、シャンプーなどは持参したものを使います。

備え付けのシャンプーはオールインワン仕様。

ハンドソープ、シャンプー、ボディソープ兼用。

詰め込みすぎぃ!笑

朝食の紹介

 

楽しみな朝食。

あまりゆっくりできないけど、朝食は元気の源なのでしっかりいただきます!


f:id:airline-sanpo:20181014005155j:image

 

ドイツらしくブレーツェル(ドイツっぽく言ってみた)もある!

あとで食べようと思ってたらスッカラカンになっていました。

と言うのも、近くに座っていた欧米系の宿泊者が、コソコソとジップロックにブレーツェルを詰めているっ!

ブュッフェの物をお持ち帰りする人って、どこの国でもいるんですね〜(^◇^;)

食べられなくて残念だけど、まだチャンスはあるからいっか!

 

コンパクトだけど、なかなか充実したブュッフェ台です。


f:id:airline-sanpo:20181014005114j:image
f:id:airline-sanpo:20181014004909j:image

f:id:airline-sanpo:20181014010321j:image
f:id:airline-sanpo:20181014005245j:image

 

白ソーセージも!

ひとついただきました(^^)


f:id:airline-sanpo:20181014005144j:image
f:id:airline-sanpo:20181014010308j:image
f:id:airline-sanpo:20181014004923j:image
f:id:airline-sanpo:20181014005103j:image

 

いろいろ選んで着席。

それでは、いただきーます!

 

f:id:airline-sanpo:20181014005612j:image
f:id:airline-sanpo:20181014005122j:image
f:id:airline-sanpo:20181014004931j:image

ごちそうさまでした!

 

ホテルから空港へのアクセス

 

朝食が済んだらチェックアウト。

初めての土地なので、予定より早く出ました。

ホテルから空港へは、30分間隔でシャトルバス(4€)が出ています。

チェックアウトの際にトークンをもらい、バスに乗り込む時に運転手さんに手渡しします。

空港までタクシーで行こうとタクシーアプリをインストールしておきましたが、使わなくて済みました(^ ^)

 

泊まってみた感想

 

ホテルの周りにはお店がなく閑散としています。

食事はホテルを利用するか、ホテル到着までに買っておくのがベターかな。

空港からホテルへの幹線道路をバスで通ってみると、開発工事真っ只中です。

そこかしこで穴を掘ってます。

ホテルの口コミを見ると、空港から歩いて行けるそうですが、シャトルバスを利用するのがオススメです。

一泊寝るだけのホテルでしたが、全体的に新しく、きれいで快適でした(^ ^)

 

次回はさかなくんご希望のライン川クルーズで古城巡りをお伝えしまーす♫

 

ドイツ旅行 ルフトハンザ航空ビジネスクラス HNDーFRA線搭乗編

ANAマイルを利用して特典ビジネスクラス航空券でドイツへ行ってきました!

 

経路は以下の通り。

羽田フランクフルトー陸路移動ーミュンヘン北京羽田

 

往路・羽田ーフランクフルトはルフトハンザ航空

復路・ミュンヘンー北京ー羽田は中国国際航空

 

ANA運航の特典に空きがなく、スターアライアンスの提携特典にしたため、必要マイル数が増えてしまったのが残念なところ。

 

でもでもでも!

そのおかげで、憧れのB747に搭乗できました!

 

今回は搭乗前〜到着までを記事にしようと思います。

 

国際線ANAラウンジ

早めに羽田空港国際線に到着し、まずはチェックイン。

ANAマイルで発券したため、EチケットはANA仕様となっていますが、ルフトハンザのカウンターでチェックインします。

チェックイン、保安検査、出国審査も空いていて、滑り出しは好調です。

 

久々のANAラウンジへ入室。

さかなくんにとっては、初の国際線ラウンジだけど、これと言った感想はないそうです……。

チッ、スイートラウンジじゃないとダメだったか(-_-)

 

f:id:airline-sanpo:20181008055950j:image

 

約14時間半のフライトに備え、シャワーをお借りしました。

 

f:id:airline-sanpo:20181008055930j:image

 

昼の便のせいか、すぐに利用できてラッキー🎵

小腹が空いていたので、ANAラウンジで軽めにお食事をします。

 

f:id:airline-sanpo:20181008060031j:image

 

と、そこに、これから乗る機材、その名もB747が通り過ぎました!

(ガラス越し故に画像が粗くてすみません)

 

f:id:airline-sanpo:20181008060106j:image

 

B747と聞くと、絶滅危惧種の大型機と連想しがちですが、このB747-8はわたしの好きなB787よりも後から作られた機材だそうです。

ちなみに、日本でこの機材に乗れるのはHNDーFRA線のみ!(2018年10月現在)

あーもう、嬉しすぎて鼻血が出そう!!

 

f:id:airline-sanpo:20181008060726j:image
f:id:airline-sanpo:20181008060720j:image

 

Lufthansa航空 ビジネスクラス搭乗!

では、さっそく搭乗してみましょう!


f:id:airline-sanpo:20181008060704j:image
f:id:airline-sanpo:20181008060643j:image

 

ボーディングブリッジからコックピットが見えました!

大きいボディなのに、窓はちっちゃい。


f:id:airline-sanpo:20181008060717j:image

 

ビジネスクラスの2階席なので、右側へ進みます!


f:id:airline-sanpo:20181008060647j:image

 

乗る直前、エンジンちゃんにご挨拶。

ふぉー!片方の翼にエンジン2発!

初めての大型機搭乗にドキドキワクワク(〃ω〃)


f:id:airline-sanpo:20181008060657j:image

 

それでは〜機内へご案内〜!

 

f:id:airline-sanpo:20181013193604j:image

 

さー登るよ登るよ〜!

ただの階段、されどB747の階段……。

飛行機の中では特別なものとして目に映ります。


f:id:airline-sanpo:20181008060714j:image

 

2階から下を見たところ。

 

f:id:airline-sanpo:20181008060918j:image

 

2階のシートの配置は2ー2です。

若干ハの字型になっています。

天井の圧迫感を避ける為なのか、背もたれが低く感じました。

そのせいでシートから前方の搭乗者の様子が見えます。

リクライニングしちゃえば気になりませんけどね。


f:id:airline-sanpo:20181008060652j:image
f:id:airline-sanpo:20181008060710j:image

 

横から見たところ。

余裕のシートピッチです。


f:id:airline-sanpo:20181008060659j:image

 

窓側席には大きな収納があります。

席によって収納の大きさに差がありますが、わたしの席は大きい方でした。


f:id:airline-sanpo:20181008061448j:image

 

荷物を入れてもまだスペースがあります。


f:id:airline-sanpo:20181008061503j:image

 

スクリーンは少しだけ角度調整ができます。

これを見てわかる通り、お隣の席が何を見てるか丸わかり 笑

スタッガードシートのような個室感はないのですが、今回はさかなくんの世話をしないといけないので席が近い方が便利。

この機材には、ぜひ仲良しさんと乗ってね!笑


f:id:airline-sanpo:20181008061517j:image

 

白い袋にはマットレスが入っています。

使用しましたが、なくても別にいいかも、というのが正直なところ。

スリッパを履いてのびのび。


f:id:airline-sanpo:20181008061500j:image

 

モニター下部の小さな扉を開けると…


f:id:airline-sanpo:20181008061511j:image
f:id:airline-sanpo:20181008061452j:image

 

ハンモックのようにペットボトルがぶら下がっていました!

その下にはアメニティポーチが。

アメニティは、靴下、アイマスク、ヘッドホンカバー、耳栓、歯磨きセット、クリーム、リップバームです。

 

f:id:airline-sanpo:20181013192120j:image

 

テーブル、コントローラ、USB電源は肘掛けを開けるとありました。

ヘッドフォンはBOSEの物。

ずっと付けてたら耳痛くなっちゃった。


f:id:airline-sanpo:20181008061456j:image

 

f:id:airline-sanpo:20181013224117j:image

 

リクライニング操作。

フルフラットになりますよー🎵


f:id:airline-sanpo:20181008061514j:image

 

ウェルカムドリンク準備中🎵

 

f:id:airline-sanpo:20181013193410j:image

 

f:id:airline-sanpo:20181013193938j:image

 

ちょっと飲んじゃったけど、初B747を記念してかんぱーい♡

 

滑走路へ向かう途中、ANAと並びました。

見てこの晴天!

やっぱりANAは青空によく映える。


f:id:airline-sanpo:20181013193934j:image


いよいよです……。

ながーーーーく滑走路を使ってテイクオフ!!

重ーい機体が持ち上がる感覚、最高です!!

飛行機ヲタのわたしは、会社では変わり者扱いされてるけど、今なら言える。

声(文字)を大にして言える。

わたしは飛行機が好きだ!!!

 

安定飛行に入るとナッツとお茶が来ました。


f:id:airline-sanpo:20181013193358j:image

 

14:05発のフライトなので、機内食はランチメニューから始まります。

 

f:id:airline-sanpo:20181013223348j:image

 

お肉の横にある山羊乳のチーズ、独特の香りで無理でした…。

そう言えば沖縄で飲んだ山羊ミルクも苦手だったんだ。

パンはおいしい!


f:id:airline-sanpo:20181013193430j:image

 

サラダのドレッシングがしょっぱすぎて、避けて食べました。

もともとそんなにドレッシングをかけて食べないから尚更。


f:id:airline-sanpo:20181013193351j:image

 

鶏胸肉はパサつきもなく柔らかくておいしい!

ニョッキもモチモチしてソースと合いました。


f:id:airline-sanpo:20181013193339j:image

 

タルトはひんやり。

ごちそうさまでした。


f:id:airline-sanpo:20181013193420j:image

 

紅茶はチョコレートと一緒にいただきました。


f:id:airline-sanpo:20181013193307j:image

 

お次は夕食。

 

f:id:airline-sanpo:20181013223640j:image

 

さすがドイツ線、ソーセージとザワークラウト。


f:id:airline-sanpo:20181013193328j:image

 

カップにもルフトハンザロゴ。

このカップほしいな。


f:id:airline-sanpo:20181013193318j:image

 

ラバトリーにはマウスウォッシュ等が備え付けてありました。


f:id:airline-sanpo:20181013193256j:image

 

現地到着時刻は18:45予定。

時差はー7時間。

機内で寝てしまうと現地で眠れなくなるので映画を観て過ごします。

 

f:id:airline-sanpo:20181013224602j:image

 

フライトマップをいじって遊ぶ飛行機ヲタ。

機体カメラから外の様子が見られます!

映画よりこっちの方が楽しい♡


f:id:airline-sanpo:20181013224611j:image
f:id:airline-sanpo:20181013224552j:image

 

むむむ、そろそろかな…。


f:id:airline-sanpo:20181013224613j:image

 

スムーズなランディングでフランクフルトに舞い降りました♫

機内には日本人クルーが一名いて、とても安心して搭乗できました。

ドイツの航空会社で働くなんてすごいなぁ!


f:id:airline-sanpo:20181013224624j:image

 

感想

 

ビジネスクラス初の搭乗を果たしたさかなくん、「することなくて暇だった」と言っておりますが……

おぉん!?そいつぁ聞き捨てならねぇなぁ!

そう言うこたぁなぁ、エコノミーのせっまいせっまい席に14時間座ってから言えってんだぁ!

あんさんよぉ、フルフラットシートでゴロゴロしてやがったけどなぁ、エコノミーってのはよぉ、尻は痛いは寝返りは打てないは、ビジネスシートとは偉ぇ違いだってもんよ!

することなくて暇なんて贅沢言いやがんねぇ、コンチクショー!

 

で、わたくしの感想ですが、「やっぱり楽!」に尽きます。

いやーフルフラット最高!

ビジネスクラスはANAスタッガードシートしか乗ったことがないので比較はどうしてもスタッガードシートになってしまいますが、スタッガードシートの個室のようなプライベート感はなく、開放感のあるシートでした。

お一人で搭乗するときは通路側を選択しないと、他人を跨いで通路に出ることになるため、ちょっと厳しいかも。

ましてやフルフラット状態だったら余計に……。

お食事はしょっぱめでしたが、機内食にそう期待をしていないので十分かと。

なにより、初めてのB747に乗れたことが嬉しくて、ヤッホーな気分です。

 

旅のビビりポイント①

実は今回の旅はビビリポイントが随所にありまして、その1つ目が税関。

なんでも、フランクフルト空港の税関は厳しいようで、サッカーの乾選手が腕時計を、またバイオリニストの所持品ストラディバリウスが押収されたとか聞いていまして。

少し前にちょっと値の張る腕時計を買ったので、押収されてなるものかとチープな腕時計をつけてきました。

 

しかし、心配をよそに、入国審査・税関共にすんなり通過し、晴れてドイツの地に足を踏み入れました!

海外SIMも順調に開通し、ATMで現地通貨のキャッシングも済んだので、ホテルに向かうことにします。

 

 次回はフランクフルト空港にほど近い「ホリデイイン・フランクフルトエアポートホテル」の宿泊記をお伝えしまーす。

 

ANAビジネスクラス搭乗記はこちら ↓

 

www.asahi-airline.net

 

 

www.asahi-airline.net

 

 

ドイツ旅行 準備編

ほんの出来心だっんです……。

まさかこんなことができるなんて……。

 

だって、言ってたじゃない。

ニュージーランドでゴルフがしたいって。

それなのに、わたしとしたことが、やっちまったのよ。

 

 

あははー( ´ ▽ ` )

ついに取っちゃった、特典航空券!

しかもビジネスクラス!

羽田ードイツの長距離路線!

その上往路の機材は、B747-8!

初めての2階建て飛行機!

やったー( ´ ▽ ` )!

 

ニュージーランドに未練がないわけじゃないので、いずれ行こうとは思います。

ただ今回、ニュージーランドのガイドブックを買ってみると「あれ?あまり見る所がない?」「ドイツの方がかわいい!聖堂巡りしたい!」と寝返ってしまいました。

 

せっかく行けるなら、現地であたふたしないように日本で手配できるものはしておこうと思い、その記録として今回の記事をアップします。

 

海外用プリペイドSIM

海外でも必需品のスマホ!

これが使えなきゃ路頭に迷うも同然です。

いつもはレンタルWi-Fiを予約し、空港で受け取り、現地で利用するのがわたしの海外旅行のスタンダードでした。

しかし、レンタルWi-Fiの煩わしい点と言うのが、意外とかさばるという事。

ルーター本体はさほど大きくないのですが、電源をつけっぱなしにしておくと電池を喰うので、モバイルバッテリーも持ち運ぶし、手荷物が重量化するのが嫌いなわたしにとって、ちょっとしたストレス源でした。

そんな悩みもありましたが、前回の弾丸香港旅行を期にスマホをSIMフリー化したので、プリペイドSIMの手軽さに開眼し、今回も日本でプリペイドSIMを用意して行くことになりました。

それに、ここのところドイツ現地でのSIM購入は手続きに難ありとの話もあり……。

日本での購入がオススメかと。

海外用プリペイドSIMはamazonで購入できます。

f:id:airline-sanpo:20180912200436j:image

 

ジャーマンレイルパス

「ドイツの交通機関は高いから、ジャーマンレイルパスを買うといいですよ」

と、フォロワーさんに教えていただき、こちらも日本から手配。

ドイツ国内の鉄道乗り放題チケットです。

(地下鉄・バスは利用不可)

連続した日に使える用(例えば3日間連続で電車に乗るとき)、期間内で好きな日を選んで使える用(1日目は乗る、2日目は乗らない、3・4日目は乗るとき)の2種類があります。

他にも一等席・二等席を選べたり、ペア券は2人目が半額だったりと、お得な買い方もできるのです。

さらにパスを見せると水上バスも割引になるので移動の多い今回の旅行にぴったりでした。

 

www.raileurope-japan.com

 

鉄道検索アプリ

こちらもフォロワーさんに教えていただきました。

実はこの特典航空券、往路の空港と復路の空港が異なる、いわゆるオープンジョーで手配しました。

そのため、ドイツ国内の移動は電車を駆使します。

現地での利用はもちろんのこと、旅程を組むときにも重宝しました。

 

DB Navigator

DB Navigator

  • Deutsche Bahn
  • 旅行
  • 無料

 

タクシー手配アプリ

念のため入れておいたタクシーアプリ。

アプリが貼れないのですが、「my taxy」をインストールしておきました。

アプリページが貼り付けられませんでした

 

 

現地ツアー

国際免許どころか、国内でもペーパードライバーのわたし(もちろんゴールド免許だぜ!)。

行きたいところはあれど、レンタカーの旅は怖い。

慣れない土地で電車やバスでうまく行けるかなぁと不安な時は、現地ツアーに参加するのがオススメです。

2016年のバンクーバーひとり旅では、この現地ツアーを利用し、ボーイング社の工場見学をしてきました。

ホテル付近に集合し、陸路で国境(カナダーアメリカ)を越えられたので楽ちん。

今回も、ちょっと交通の便が良くない所へ行くことになったので申し込みました。

利用したのはベルトラです。

ちょびリッチなどのポイントサイトにも掲載しているので、ポイ活もできて一石二鳥です!

 

ただし、今回感じたデメリットとして…。

・もっと見たいと思う所も時間制限があるのでゆっくりできない

・団体行動なので時間を守らない人がいると待たざるを得ない

ということがありました。

ま、これは団体行動故のデメリットですので仕方ない部分ではありますけどね。

 

www.veltra.com

 

では、次回からドイツ旅行記を始めますのでお楽しみに〜(´∀`*)

 

f:id:airline-sanpo:20180912214459j:image